食う・ネロ・遊ぶ neromama.exblog.jp

黒ラブ・ネロとの二人五脚♪時どきダンナ・・・


by neromama
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

腫瘍を切除



ほーんとにたくさんの方々のあたたかい声援を受けて、
ネロも私達も幸せ者だね、うん。
頑張って元気にならなくちゃね~!



朝散歩中、近所の神社でしっかりお願いしてきました。
c0192160_5485621.jpg


これは7年前、一番最初の全身麻酔手術の時のお守り。
(おもちゃを飲みこんでしまって胃を開けて取り出した1回目・・・)
c0192160_5572871.jpg


今回もこれをつけて頑張ってこようね!
c0192160_68912.jpg



病院にはお友達も来ていました。
菜々さんはおメメの治療で、さくりんと桃ちゃん姉妹はオチリをシボシボに。
ネロには思いがけない状況で嬉しかったことでしょう♪
でもネロ的には「今日はここが集合場所?これからどこに遊びに?」って思ったかも(笑)
c0192160_652052.jpg


c0192160_654272.jpg




術前の先生からの説明の中で、やや不安なことがありました。
それは、やっぱり切除範囲のこと。
場合によっては手術中に電話で相談(確認?)することになります、って。

結果はその通りになってしまいました。
始まってすぐと思われる時間に電話があり、
 術前の予想より切除すべき範囲が広くて安全には取りきれない。
 無理に取ると排泄機能に影響が残りそうだし・・・
 それでもそうするか、今回は残して再手術または抗癌剤で対応するか?
悩んだけど・・・後者を選びました。

そうなれば手術としては軽いものとなります。
たぶん、相談の時間も含めて30分強くらいで終了したのかな。
そのあと麻酔からの覚醒の様子なんかを確認してから終了の連絡だったのでしょう。
内臓を切ったわけでもないので、1泊だけの入院で帰れるんだって。
明日の夕方にお迎えに行くことになりました~

 
結果としては不完全な切除ではあるけれど、とりあえずは無事に終了です!
心配して励ましてくださった皆さまのおかげです。
本当にありがとうございました。

今後のことも含めて、引き取りの時に先生としっかりお話してきます。
またここで報告しますから。
まずは、頑張ったネロを褒めてやりたいと思います!!
大好きなバナナンも食べさせてあげようかな(^_-)-☆
by neromama | 2010-08-29 23:59 | 病院のこと

肥満細胞腫、その後



ネロの現在の敵、肥満細胞腫のその後の様子です。


8月20日(金) 週末にはずせない用事があったので、一週間分のお薬が終わる前だけど病院に。
       17日(火)頃から腫れがひき始めたら、見た目でわかるくらいどんどん小さく・・・
       腫瘍が判明した当初は13~14mmだったのがこの時点では8.5mm位に。
       おおーっ、いい感じだね。
       数日でこれだけの効果があるならもう少し期待できるかも、ってことで
       あと一週間ステロイドの服用を延長することに。
       切除範囲のことがあるから小さければ小さいほど良いわけだし。
       
       この日大きな収穫だったのはネロの腫瘍のグレードのこと。
       勿論この段階では予測でしかないけれど、院長先生はグレードⅠ(転移・再発の
       可能性がほとんど無い)ではないかとみているらしい。
       正直、まだ決まりじゃない!と思いつつもかなり嬉しかった!
       少しだけ、いやかなり心が軽くなった。
 
       副作用は心配したほどじゃないようで、だるそうなこと以外では右目に目ヤニが
       少しってことくらいかな。
       人間の場合と同じで、お腹がすいて多食になるとも言われたけど、ネロは特には
       変わらない気がする。
       まぁ、そもそもラブの旺盛な食欲は今に始まったことじゃないし・・・ 
       多飲多尿のことも含めて、なんだかネロの身体が慣れてきたような感じ。
       それでも6日間で2kgの体重減はちょっとかわいそうで、お肉を一割増量すること
       にしたよ。(ちなみにこの日の体重30.6kg)
       ステロイドで代謝が良くなったのと(=同じ運動量でもカロリーを多く消費)、短めで
       おとなしめの散歩でオチリ周りなんかの筋肉が落ちちゃったからかな><


このあと3日間位は、少しずつだけど着実に小さくなってきたようだったけど、24日(火)あたりにはさすがに変化がわからなくなってきた。
ここらで小さくなり止まり?


8月27日(金) 今回のことでは3回目の病院。
       大きさで判断して、先生が「切り時でしょう!」
       そうと決まったら間をあけずになんだけど、翌日は先生の都合がつかなくて
       翌々日の29日(日)に切除手術が決定。
       そう、明日なんです!
       念のための手術前の色々な検査で、ステロイドの影響らしき肝臓の数値が・・・
       そのお薬を追加でもらってこの日はおしまい。       
 

昨年から2回ほどお願いしたことがあるアニマルコミュニケーターの方に、今の状況を説明して
至急でネロとのコンタクトをお願いしました。
病気のこと、治療のこと、私達の想いなどをネロに伝えてもらい、ネロからの要望があったら
聞いてもらう、そんなことをお願いしました。
先日以来、もちろん私達も事あるごとにネロに話しかけ説明をしているけれど、さらに少しでも
ネロの不安を軽くしてあげたくて・・・
薬による影響とはいえ、ネロ自身も自分の体調の変化に戸惑っているんじゃないかと思ったので。
ありがたいことに、さっそく昨日ネロとお話してくださったようです。
手術前に間に合って良かった~
       

c0192160_2353498.jpg

今回のことでは、本当にたくさんの人たちから心配と励ましをいただいてます。
我が子のことのように親身になってくれている仲間もいます。
本当に、感謝してもしてもしきれないくらいです。
みんな、ありがとうね。

ネロにも絶対に伝わってるから、明日は大丈夫!!
     
by neromama | 2010-08-28 23:59 | 病院のこと

肥満細胞腫



犬の病気の一つとして耳にしたことはあったけど・・・・

まさかネロが・・・

だってまだ7歳だし・・・

まだ7歳?まだ?もう??

そう、まだまだ元気印だけど、ネロはもう7歳なんだから、
考えてたよりちょっと早いけど、ありなのかも・・・


ちょっとご無沙汰していたら、思いがけずこんなことになって
ネロは今、闘病中です。



8月14日(土) いつもの河川敷でたっぷり遊んだ日の午後、ブラシ&マッサージ中に
       何だか気になるものを発見。
       包皮(おちんちん)の片側脇に腫れてるようなところがあって、
       触ってみると奥に弾力のあるしこりのようなものがある。
       ダンナサン(=ネロッパ)にも確認してもらう。

8月15日(日) 朝イチで病院へ。
       とりあえず、針を刺して細胞診を。
       この時点では、正直そんなに深刻なものとは思ってなかった。
       だけど、検査のためネロを先生に預けて待合室で待っていると・・・
       担当の先生ではなく、院長先生に呼ばれて。
       「あれっ?・・・・・何か??」
       これでサーッと血の気が・・・・この院長先生は“腫瘍”が専門なのです。
       ダンナサンと二人で聞いた病名は「肥満細胞腫」。
       これは悪性の腫瘍、つまり癌です。
       院長先生によると、この腫瘍には特徴があって細胞診で明らかにわかるとのこと。
             
       そのあと色々説明を受けて、一旦また待合室へ。
       二人とも落ち着いていたけど、それは実感がわかなかったから。
       だんだん頭や胸の中がぐるぐるしてきて、なんだか苦しくなってきた。
        どうしてネロが?
        何がいけなかったんだろう?
        あんなにいろんなこと気をつけてたつもりだったのに・・・     
        大丈夫だよね?
        まだまだいなくなったりしないよね?
       こんなことがぐるぐるぐるぐる・・・・
       検査が終わって戻ってきたネロをぎゅってしたら涙が出ちゃったよ・・・

       血液検査やエコーで確認する限り、現時点では内臓などへの転移は無さそうなこと
       にひとまずホッとした。
       そして切除手術の前に腫瘍を出来る限り小さくするためにステロイドを使うことに。
       ネロの場合、できた場所が悪く、十分なマージン(再発防止に余分に切除する範囲)が
       取れないため、とにかく小さくしたいとのこと。
       その他、抗癌剤投与の可能性などの話も有り・・・
       
        ・ステロイド(ブレドニゾロン) 
        ・抗生剤            
        ・抗ヒスタミン剤
        ・胃腸薬
       この4種類の薬を一週間分もらって家に帰りました。


ステロイドの副作用で、眠気、だるさ、のどの渇きからくる多飲多尿などがあります。
初めの数日はそうでもなかったけど徐々に症状が・・・
ウチの中では特に、とにかくだるそうで動くのが億劫そうなのが痛々しい。
チッコで水分を出すからかウン〇もなかなか出ないし。

それでも、17日(火)夜あたりから腫瘍のまわりの腫れがひいてきた!
あきらかに小さくなったのを見て勇気倍増!!
初めは動揺した私達も、この頃には気持ちを前向きに切り換えることが出来てて、
「絶対に大丈夫!治る!治してあげるからね!!」って。

ステロイドで代謝が良くなってちょっと痩せちゃったの、ボク。
c0192160_2344028.jpg


でも頑張って戦ってるからね!
みんなの応援、ありがとう!!
必ず復活するから、待っててね~~
c0192160_235759.jpg

by neromama | 2010-08-26 23:59 | 病院のこと